私たちは災害時における"ライフライン"と"安心"を提供します

東日本大震災の発生により、首都直下型地震のリスクが高まっています。

M7クラスの直下地震が発生すると、都内では最大9,161基のエレベーターで人々が閉じ込められ、救助までに平均8時間かかると懸念されています。加えて道路の寸断など数日間救助を待つことも予測されます。2008年8月よりエレベーター専用備蓄ボックスの設置レンタルサービスを開始致しました。搭載している飲料水や非常食料の賞味期限管理、新規入替えも定期訪問にてご提供しております。

 

また、首都災害においては停電・断水によるライフラインの寸断が懸念されます。停電・断水で困るのがトイレの問題です。被災者の方々へのアンケートでも一番困ったのがトイレ問題でした。2011年5月よりトイレ難民を救済する「エマージェンシートイレキット」の発売を開始致しました。明かりの確保から手指の消毒までをセットにした非常用トイレ専用キットです。

防災商品の販売・保守を通じて、お客様の安全安心にお役立ていただける様、努めて参ります。


ビル、マンションの防災管理
ビル、マンションの防災管理
閉じ込め事故への対応
閉じ込め事故への対応
緊急時トイレ問題の解消
緊急時トイレ問題の解消

新製品、及び当社ニュースリリース

防災関連トピックス

ニュースリリース